※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

「余分」と「余計」の違い【辞書の意味と例文で解説】

スポンサーリンク
余分と余計の違い study
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「余分」と「余計」の違いって?

「余分」の辞書の意味

[名・形動]

余った分。残り。余り。

必要や予定より多いこと。また、その数量や、そのさま。余計。

必要以外のこと。また、そのさま。余計。

出典:goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BD%99%E5%88%86/)

客観的な量や数の過剰を指すことが一般的で、感情的なニュアンスはあまり含まれません。

物質的なものや数値的なものに対して使われることが多く、例えば物品、時間、資源などの量が必要以上にある場合に用いられます。

 

「余計」の辞書の意味

[名・形動]
物が余っていること。必要な数より多くあること。また、そのさま。余り。余分。
普通より分量の多いこと。程度が上なこと。また、そのさま。たくさん。
必要な度を超えてむだなこと。また、そのものや、そのさま。

[副]
程度・分量がさらに増すさま。もっと。なおさら。

出典:goo辞書(https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E4%BD%99%E5%88%86/)

感情や状況に関連しており、過剰であり不必要であることを強調するため、感情的なニュアンスが強く含まれます。

主に人の行動や感情、言動に関連し、その状況や背景にそぐわない余分なものを指して使われます。

 

また、「余計」のほうは副詞もある、という違いもあります。

 

 

スポンサーリンク

「余分」と「余計」を例文で見てみる

「余分」を使った例文

1. 彼は食事を注文するとき、いつも余分な料理を頼む。
2. 余分な服を持ち運ぶのは大変だから、必要最低限のものだけを持って行きます。
3. プロジェクトの予算を超えて余分な費用がかかってしまった。
4. 余分な情報を省いて、要点だけをまとめたレポートを作成しました。
5. 道具が余分にあるので、必要なものだけを使って作業しましょう。
6. 家には余分な家具がなく、すっきりと片付いています。
7. 余分な手続きを省いて、より効率的な方法を見つけました。
8. 彼女は余分な心配をする癖があるので、彼女の不安を取り除くのは難しい。
9. 荷物が余分にあって、持ち運びが大変だった。
10. この機能は余分であり、実際には必要ありません。

 

 

「余計」を使った例文

1. 彼の余計な口出しで、計画が混乱した。
2. 余計な心配をすると、ストレスがたまるんですよ。
3. そんな余計なことを言わなくてもいいじゃないか。
4. 彼女は余計なお世話を焼くタイプで、自分のことをやってほしいと思っている。
5. 余計な手間をかけずに、シンプルな方法で問題を解決できます。
6. 会議では余計な議論が多く、本題に進めませんでした。
7. その提案は余計な費用がかかるので、採用しない方が良いかもしれません。
8. 彼は余計なことを考えてしまって、本来の目的を見失ってしまった。
9. 子供が余計なものを買わないように、予算を教えておくべきです。
10. 余計な感情を出さずに、冷静に問題を解決することが大切です。

 

まとめ

「余分」と「余計」は、意味や用法が似ていてどちらも使用できることも多いですが、以下の点で明らかな違いがあります。

  • 感情のニュアンスの違い
    「余分」は、客観的な量や数の過剰を指すことが一般的で、感情的なニュアンスはあまり含まれません。
    「余計」は、感情や状況に関連しており、過剰であり不必要であることを強調するため、感情的なニュアンスが強く含まれます。 
  • どんなときに使われるか
    「余分」は、物質的なものや数値的なものに対して使われることが多く、例えば物品、時間、資源などの量が必要以上にある場合に用いられます。
    「余計」は、主に人の行動や感情、言動に関連し、その状況や背景にそぐわない余分なものを指して使われます。

 

 

まつむらさん

『スマホアプリでもっと気軽に英語を楽しんで欲しい』そんな想いで運営する、英語のスマホアプリblog。TOEIC830でも会話に全く自信が持てないことから、英語アプリを片っ端から実践中。複数の仕事から収入を得ているフリーランス。最近のメインはもっぱら日本語講師。

まつむらさんをフォローする
study
まつむらさんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました